読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンピオンズリーグ:パリ・サンジェルマン対バルセロナ戦は、いったい何だったのか

f:id:taroskywalker:20170318162049j:plain

チャンピオンズリーグ2016−2017ノックアウトラウンド一回戦のバルセロナパリサンジェルマン戦を振り返ると、胸の中がムカムカして、気持ち悪くなります。それぐらい、「気持ちの悪い」後味を残す、まさに歴史的迷ゲームとなりました。

 

その奇跡の大逆転からすでに2週間がたとうとしています。皆さんの記憶からはどんどん消えてきていると思いますが、私は正直まだ引きずっています。なぜって、パリ・サンジェルマンファンとして、どうしてもあの試合は消化できないのです。すでに終わった話であるとわかっていながら、あえて少し思うところを書きたいと思います。

 

1.誤審について
サッカーには、誤審はつきものだし、ホームチームに有利な判定がつくのはわかっています。パリだって、ホームでやったときは、どっちかというとパリに有利な笛でしたし。でも、あの試合に限っていうと、そういうホームチームに有利な判定という次元を超えていたような気がするのです。パリ・サンジェルマンがあの試合に限り普通でなかったように、審判も普通の精神状態ではなかったのかもしれません。でも、だからって、バルサに2回のPKを与えたこと、逆にバルサパリ・サンジェルマンにPKを与えなかったことは、明らかに何か普通でないものを感じます。

 

2.PK及びレッドカード
サッカーファンとして、PKやレッドカードには本当にうんざりします。そのせいでドラマチックな試合になるかもしれませんが(今回がそうだったように)、私は良いプレイがみたいだけなんです。PKやレッドカードがあるせいで、スアレスネイマールのようなダイバーを生むし、レスターのバーディーのような小芝居が生まれるのです。良いプレイで感動したいのであって、劇的な試合展開をわざわざ審判がこしらえる必要はないと思うのです。

 

3.機械判定、ビデオ判定など
もう何回見たことかわかりませんが、オフサイドかオンサイドかでもめる、ボールがラインをわったかどうかでもめる。もう、21世紀になって随分立ちますが、テクノロジーをもっと使って、もめる要素を排除しませんか。ビデオで冷静にみれば、オフサイドかどうかなんてわかるし、今の技術ならオフサイドかどうかの判定も自動でできるでしょうし。

 

なぜ、こんなにしこりが残っているかというと、あの試合後のパリ・サンジェルマンの選手は、ボロクソに言われていて、やっぱりファンとしてくやしいからなんです。たとえ、5−1で負けていたとしても、チャンピオンズリーグのトーナメントを勝ち進んでいれば、ここまで侮辱されることはなかったと思います。パリの選手のパフォーマンスの低さを差し引いても、あまりにも酷な審判だったと言えると思います。正直、あの試合を「良い」試合と思っている本当のサッカーファンは少ないのではと思います。歴史的な逆転劇であることは間違いありませんが。そうです、「劇」だったとしか言いようが。

 

あの試合以降、スアレスを始めとするダイバーがますます嫌いになりました。ちなみにパリでは、マルコベラッティとモッタのイタリアコンビが、立て続けにペナルティエリアでダイブをした試合がありましたが、審判にシュミレーションを取られる恥ずかしい場面を思い出しました。自分からキーパーに足をかけに行っちゃだめですよね。ちゃんと自信をもってシュートをしましょう。その方が(たとえ外れても)見ている方としては清々しいです。

パリ・サンジェルマンはキーパーを補強すべき

f:id:taroskywalker:20170311105446j:plain


今年のチャンピオンズリーグは、疑惑の判定により、パリ・サンジェルマンは、ファーストレグで4−0で大勝していたにもかかわらず、セカンドレグで1−6でバルサに歴史的逆転を許しました。

www.goal.com

今回の敗退によって、パリの弱さが露呈しましたが、その一つがキーパーです。6失点については、キーパーだけを責める気はしないのですが、これがもし、アトレティコマドリーのJan Oblakとか、レスター・シティのKasper Schmeichelだったらと、想像せずにはいられません。

ヤン・オブラク - Wikipedia

カスパー・シュマイケル - Wikipedia

 

チャンピオンズ・リーグのノックアウトラウンドで勝ち上がるには、やはりいいキーパーのチームを救うスーパーセーブが必須です。私はパリ・サンジェルマンの試合をいつも見てますが、キーパーのパフォーマンスには満足こそしてませんでしたが、そこまで不満にも思っていませんでした。

 

でもそれって、普段のフランスリーグでの話であって、チャンピオンズリーグのような強敵相手では、キーパーの質の差が勝負を左右すると感じました。

 

ケビントラップは、フィードもいいし、前に出過ぎない落ち着いたプレイが特徴ですが、大事な場面でのボールのファンブルが気になります。

ケヴィン・トラップ - Wikipedia

www.youtube.com

また、アレオラは逆に前に出る積極的なプレイが魅力ですが、ディフェンスとのボール回しのミスでゴールを許すなど、粗さがまだ見られます。

アルフォンス・アレオラ - Wikipedia

www.youtube.com

今年のチャンピオンズリーグの大敗から、オーナーはおそらくキーパーの補強にでると思います。フットボールディレクターのクライファートの手腕にも期待したいです。

パトリック・クライファート - Wikipedia

いったい誰を連れてくるのか。来年こそは、チャンピオンズリーグの4強目指して、脱皮してほしいと願っています。

サッカーは人生に潤いを与える最高の趣味だよ

f:id:taroskywalker:20160625174937j:plain

私はサッカーを見るのが大好きです。正確に言うと、大学生の頃、サッカー観戦が大好きで、スカパーで週末深夜、欧州サッカーリーグを見ては月曜寝不足で学校にいく、という日々を送っていました。また、サッカーゲームウイニングイレブンにハマって、ゲームにとんでもない時間を投資していました。学生の特権ですね。

www.konami.jp

 

そして月日が経ち、社会人になり、仕事が忙しくなるとともに、サッカー熱が冷めていきました。日本代表の試合だけはチェックするのですが、イングランド・プレミアリーグや、スペインのリーガなどは、めっきり見ることがなくりました。

 

それが、ここ最近またサッカーにハマりだしました。やはり、欧州リーグが好きで、日本人が所属しているチーム(ドルトムントマインツマルセイユなど)を応援しています。でも、今の一番のお気に入りは、フランスリーグのパリ・サンジェルマンです!

www.psg.fr

 

久しぶりにサッカー熱が戻ってきて、サッカー好きってしあわせだなぁと感じます。試合は毎週あるので、コンスタントに日常に楽しみができるし、素晴らしいプレイを見るだけで鳥肌がたつぐらい感動できます。そしてなんといっても、日本代表戦やチャンピオンズリーグなどのビックゲームの勝敗に、まるで自分の人生のビッグイベントのごとく一喜一憂できたりします。まさに、生活に”ハリ”と”ツヤ”をもたらしてくれるます。

 

もちろん、サッカーに興味なくてもぜんぜん普通に楽しく生活できると思うんです。それでも、サッカー観戦を趣味にすることをおすすめするのは、あの試合前のウキウキ感は少しでも多くの人に、味わってもらいたいからです。

 

そこで、今回は、サッカーにまったく興味がない人向けに、サッカーの楽しみ方をご紹介します。サッカーに漠然と興味があるけど、どっから手を付けたらいいか分からないかたは、ぜひ参考にしてください。

 

1.地元チームを応援する

f:id:taroskywalker:20170214200212j:plain


サッカーを楽しむためには、自分のひいきのチームを作るのは、かなり重要な要素です。私は、Jリーグにひいきのチームがないため、あまりのめり込めませんでした。でも、住んでいる地域にサッカーチームがあるなら、絶対そのチームを応援するべきだと思います。スタジアムが近くなら、すぐ試合を見に行けます。地元を応援することの楽しさは、高校野球にも通じるものがあり、ついつい地元の応援には熱が入るものです。

 

2.強豪チームを応援する

f:id:taroskywalker:20170214202247j:plain


私は、今はパリ・サンジェルマンのファンです。今のパリ・サンジェルマンは、豊富な資金力を盾に、スター選手が揃っています。

 

パリ・サンジェルマンの中でもお気に入りは、中盤を固めるイタリア人ミッドフィルダーのマルコです。背が小さいですが、体も強く、スピードもパスセンスもあります。センターバックチアゴ・シウバとキンペンべ、マルキーニョスも最高です。チームが好きになると、一気に選手も好きになるから不思議です。ベン・アルファパストーレなんかのテクニックも超絶です。パリ・サンジェルマンと語りだすと長くなるのでこの辺で。

 

3.日本人が所属するチームを応援する

f:id:taroskywalker:20160416163743j:plain


日本人が所属する欧州リーグのチームを応援するのも楽しいです。香川が所属するBVBドルトムント酒井宏樹マルセイユ、大迫のケルン、原口元気ヘルタ・ベルリンなんかを応援すると良いでしょう。

 

しかし、気をつけなければならないのが、日本人選手が出なかったり、出たとしてもいい活躍ができなかったりすると、かなりがっかりします。やはりチームを応援するほうが、コンスタントに楽しめるので、ぜひ好きなチームを作ってください。

www.bvb.jp

 

ホーム | AC Milan

 

4.スタジアムに行く

f:id:taroskywalker:20151025183251j:plain


サッカーをテレビである程度楽しいだ後は、ぜひ、スタジアムに足を運んでください。スタジアムの魅力は、なんといっても生のライブ感と、サポーターの一体感だと思います。好きなチームのユニホームやグッツをもって、電車やバスでスタジアムに向かいましょう。きっと同じような格好の他のサポーターを見つけることができるでしょう。私は、応援するチームのタオルマフラーをして、観戦するのが好きです。(密かに、いろんなチームのタオルマフラーを集めるのも趣味だったりします。)

 

5.うんちくを語る

f:id:taroskywalker:20170311105446j:plain


サッカーは歴史そのものです。素晴らしい選手、素晴らしい試合は、時を超えて語り継がれるものです。そして、その過去と今を照らしあわせて楽しむことも知的な活動です。ぜひ、ワインを楽しむように、サッカー観戦を楽しんで見てはいかだでしょうか。

 

以上、サッカー観戦を趣味にする方法でした。ぜひ、私のようにサッカーの魅力に取りつかれてください。