フランスリーグアン開幕!ネイマールがきたPSGはどう進化するか

今週末は、フランスリーグアンの開幕です。私は、この瞬間を待ちに待っていました。サッカーのない週末なんてつまらなすぎです!PSGファンの私は、Amiensとの開幕戦を観戦しました。でも、今週のPSGは、世界を驚かせた(騒がせた?)ネイマールの移籍もあり、なんとも言えない盛り上がりを見せています。私も、まさか本当にネイマールが来るとは思っていなかったので、正直、ついに本気を出したか、と思わずにはいられません。パリサンジェルマンのプレジデントのAl-Khelaifiさんは、よっぽど去年の成績が気に入らなかったのでしょう。

 

イブラがいなくなってからの移籍は、比較的堅実な移籍(Meunier, Draxler, Guedes等)だったため、いまいち爆発力に欠ける感じは否めませんでした。私は、このある意味地味で堅実なPSGは好きだったのですが、ついに、ネイマールを獲得したことで、名実ともに、世界のトップクラブになれるのでは、と期待してます。

 

早速ですが、ネイマールのシャツが売れまくっており、やはりクラブチームの、そして「パリ」の顔になるでしょう。つまり、空港とかでPSGのネイマールシャツが旅行土産にできるような、アイコン的な役割が期待できます。

 

これは、レアルならクリロナの、バルサならメッシのシャツが空港で大量に売られているのと同じで、パリといえばネイマールということになります。

 

さて、ネイマールの話はおいておいて、今日のPSGは、全体的に試合を支配しており、いつものPSGという感じでした。でも、改めてベラッティの攻撃のパス、ドリブルのセンスのすごさは、バルセロナイニエスタの後釜と言われるだけあってさすがです。でも、時に見せる「ほとんど成功しない」ヒールでのワンタッチパスは、なとかならないかなーと。

 

Rabiotも、攻撃的なポジショニング時は、本当にいいところにいます。彼はチアゴ・モッタの後継者的な役割かなと思いますが、守備的なポジショニングも取れるので、オールマイティでいいセントラルミットフィルダーになったなぁという気がします。2年前に見た時は、危なっかしくて、「なんでこんな足元そんなにうまくないのに、トップチームにいるんだろ?」って思っていました。が、どんどん経験も重ねて器も大きくなり、今ではPSGには欠かせない一人になりました。クラブチームがうまく成長させたなと思いますね。今だったら、Nkunkuがそんな感じで、もっともっと器の大きな選手になりそうな気がします。

 

今年のPSGはチャンピオンズリーグで準決勝以上を狙っていると思いますが、その進化が楽しみです。